07.07
Tue
みなさんご無沙汰しております!
なんと前回の日記から早いもので1年もたってしまいました。

といっても書くことが無かった訳ではなく、この一年は私の人生のでもおそらく最も大きい変化のあった年でした。
昨年10月末に娘が生まれ、父親になったのです。
娘はもう生後8ヶ月。日々順調に大きくなり、毎日新たなスキルを身につけていて成長の早さにビックリしつつ日々感動しています。
家は夫婦でフリーランスのミュージシャンという職業柄仕事が不定期でもあり昼間も時間があることも多いので、結構子育てに参加しているのですが(育メンと言うらしい)、布おむつを洗う毎日にも慣れました。
妻にもそして我々の家族みんなにも、そして自分にもよく似ている(ちょっとかわいそう)娘をだっこしていると、不思議と自分の親や、自分自身を育てているような不思議な感覚になることも時々あります。
親の気持ちがわかる様になり、自分の両親への感謝も改めて感じられ、本当に貴重な経験ができている毎日です。
DSC_0410.jpg
生まれた時から髪ふさふさです。

今でこそ毎日楽しくすごしていますが、父親になるにあたり、いままでような本当に好きな音楽だけやっての自由気ままに生活で、果たしてNYで子供を育てることができるのか(おもに経済的な理由で)と珍しく悩んだりもしました。実際アメリカは医療費などがとても高いので、そのお金を稼ぐためにほかの仕事に少しチャレンジしてみたこともあります。その過程を経ていまは、やはり今まで続けて来たことをたとえ不安定だとしても引き続き一生懸命やっていこうと思っています。

未来は不安でいたとしても、楽観的でいたとしてもどうせ予想できないのですから、本当に自分が情熱を持って取り組めることを毎日悔いの無いようにやっていきたいなと思うのです。
今の様に自分の演奏を必要としてくれる人々がいて日々音楽を演奏する機会があってそれで生活できるというだけでもミラクルであると思います。そのせっかくのミラクルを無駄にしないようにするためにも自分のエネルギーをより一つのものに集中するのが大切なのかなと今は思っています。
と偉そうなこと言ってみても経済的にはいつも大変なので、みなさんご声援よろしくお願いします!

そんなこんなで昨年は日本での演奏の機会が無かったのですが、今年は8月の終わりから9月にかけて帰国してのライブをやります。皆様にお会いできるのをとても楽しみにしています。
帰国ライブの詳細はまた近々お知らせしますのでお楽しみに。

最後に子供が生まれる前に出演したラジオインタビューの第2回目です。よろしければ聞いてみてください。


それでは今日はこの辺で。
また次回お会いしましょう。

comment 0 trackback 0
back-to-top