12.23
Fri
メリークリスマス!
公約通り、頻繁に更新ということで、今日は今月2度目の更新です。

クリスマスの12月25日は私の大親友であったベーシスト、はるさんこと高道晴久さんの誕生日です。
はるさんが亡くなって早4年が過ぎました。
はるさんとはボストンのバークリーに同じ時に入学して以来の付き合いで、初めて会った日に、セッションしようよ!と彼の家に招待してもらってセッションしたのが初めての出会いです。
私より3歳年上で、ジャズのことにもとても詳しかった彼には本当にたくさんのことを教えてもらいました。
バークリーでの一年を経てニューヨークへ移り住んだはるさんは、私が彼に連絡するたびに、「あべちゃんは絶対ニューヨークに来るべきだ!」と何度も言ってくれて、それもあってニューヨークに引っ越す決意ができたと思います。

私がニューヨークに移り住んだ後は、一緒に仕事探しの営業に街中のレストランを片っ端から回ったり、ギグ、セッションも数え切れないほど一緒にやりました。バカなこともたくさんしたし、ケンカもしました、泣きました。
なんだか自分の文章力が及ばず言葉にするとなんだか薄っぺらくなってしまうのですが、本当に大好きで大切な親友でした。

最近なぜかそんな彼と昔作った未発表の音楽をシェアしたい気持ちがふと湧いてきて今日この文章を書いています。
彼と当分一緒に演奏はできないけれど彼の出した音が世界のどこかで聞いてもらえたらはるさんはきっと喜んでくれると思います。
よかったら聞いてみてください。私のウェブサイトで全曲フルでアップしています。
(自分の12年以上前の演奏なんて今更おすすめして聞いていただくのはかなり恥ずかしいですが、はるさんの為ならしょうがないのです。)

下に紹介するの2枚のアルバムは特にはるさんのお気に入りでした。
Hubble_ultra_deep_field_s.jpg
宇宙 / Haru Takamichi 高道晴久
↑のリンクより音楽が聴けます。

メンバーは阿部大輔(ギター)、高道晴久(ベース)、中村雄二郎(ドラム)。多分2004年録音。
当時住んでいたWoodsideのアパートで録音しました。普通のアパートで中村雄二郎の爆音ドラムを叩いたため、さすがに近所から苦情が来ていたらしい。でも上の階に住んでいたやさしい大家さんは知らんぷりしてくれていたらしい。ありがとう!おかげでこの録音は残りました!全曲高道晴久作曲の壮大な宇宙の音楽。はるさん宇宙トーク大好きでした。ジャケットははるさん自作のものがあったのですが見当たらないのでオリジナルとは多少異なることをご了承ください。

Message-From-North.jpg
Message from North / Daisuke Abe & Haru Takamichi 阿部大輔 & 高道晴久
↑のリンクより音楽が聴けます。

こちらは私とはるさんのデュオ作品。確か2003年録音。
こちらも当時住んでいたWoodsideのアパートで録音。
はるさんとはデュオで4枚ほど作りました。(全て未発表ですが)
作りたくてしょうがなくて、安い機材で工夫して録っていました。
今年出た久里子とのアルバム「ピュア・ソングス」のアイデアの源流です。
「ピュア・ソングス」にも入ってる曲、Message from Northもやってます。

haruabe_s.jpg
当時の写真。2枚のアルバムを録音したアパートの前で。

はるさん、誕生日おめでとうございます!



comment 1 trackback 0
back-to-top